本日は、「治療家のミッション」というタイトルでお送りします。

「何故、治療家を目指したのか?」
理由は人それぞれ違うと思います。

しかし、1つ言えることは、
痛みで困っている人を治したい。

この気持ちがあったから治療家になったはずです。

私もこの気持ちがありました。
以前、お話ししたように急性腰痛が治せなかった時はとても落ち込みました。

治せなかったことが悔しかったのですが、
それよりも患者の方が10000倍つらいはずだと心から思いました。

何故、痛みが治らないのか?
これだけ手を尽くしたのに何故、何故、何故???

毎日、痛みのことだけ考える日々でした。

そして、ある人との出会いを得て、大学院に入学をし、研究を始めたのでした。

その悩んでいた痛みについてとことん論文を読み漁りました。
名古屋大学まで行き、痛み研究第1人者の先生と話しもしました。

その結果、痛みの原因が分かってきたのです。

苦しんだ結果、得るものはとても大きかった,,
今では本当に思います。

自分の限界を超えると間違いなく景色が変わります。

もし、悩んでいる方がいればその悩みをしっかりと聞きたいと思っています。
私の使命は患者以外にもあるのです。

柔道整復師を含め、治療家の先生方が増加しているなか、
自信を持って施術が出来る人がどれほどいるのか??

自信は患者に伝わります。

治すためにはどうしたらいいのか?
とことん考えることをお薦めします。

2019年も残すところ、約4か月
このまま終わっていいのか?それとも次のステージに行くのか?

後悔のないよう2019年12月31日を迎えましょう。