本日は「その痛みトリガーポイントが原因です。(あご編)」

というタイトルでお届けします。

 

最近、多くの方から御相談をお受けします。

 

なかでも、「顎(あご)が痛いので診て欲しい」との声が多数

 

何故、柔道整復師の私に相談に来るのか?
歯医者や矯正歯科に行くのが普通ではないか??

 

そう思った方は正解です。
歯や顎(あご)の痛みであれば、歯医者や矯正歯科で治すのが一般的ですよね。

 

実は、Podcast番組内で
腓腹筋やヒラメ筋が原因で歯や顎の辺りに痛みが出現した方がいる
とお話しした事があります。

 

そして、最近(6月17日配信)も「顎の痛みとトリガーポイント」
というタイトルでお話しをしています。

 

それを聴いて、相談に来たという訳です。

 

非常に嬉しいですね。

 

顎の痛みを患っている方がまず思い浮かべる疾患が
「顎関節症」です。

 

その顎関節症にも様々なタイプがあり、
人により原因が違います。

 

その顎関節症の1つの原因に筋肉の障害があります。

 

咀嚼筋といわれる、顎を動かす筋肉が原因となり、
痛みが出てくるのです。

 

そこにトリガーポイントが形成されているケースがあります。

 

そのトリガーポイント部を押すと、顎に関連痛が出現し、
痛みが軽減する場合があるのです。

 

この施術方法は、
1部の人にしか教えていません。

 

今後、お伝えできる講座をご用意したいと考えています。
美容的なお話しにもなりますので、特に女性の方におススメです。

 

これから、トリガーポイント療法を使い、テクニックを向上したい方に
向けて多くの情報を発信していきます。

 

楽しみに待っていてください。
そして、前回のブログタイトル「今を楽しむ」は好評を頂きました。

 

人生は1度きり、自己成長し、社会に貢献していきましょう。

 

【7月22日(日)】トリガーポイント協会主催 インストラクター講座開催】

 

≪少人数制【限定5名】≫

 

[内容]
1.トリガーポイントの見つけ方
2.トリガーポイント触診法
3.トリガーポイントの押し方
4.トリガーポイント療法の理論
5.実技

 

【こういった方におススメです!】
・トリガーポイント療法を導入したい方
・医学的エビデンスを知りたい方
・これから独立開業を目指す方(整骨院、接骨院、整体院、サロンなど)
・治療効果を上げたい方
・認定講師として活躍したい方              など

 

開催場所は都内近郊です。(参加希望者にお伝えします。登録後となります。)
13時~を予定しています。(早期早割[早得] 終了しました。)

 

☆参加希望やご質問などは阿部浩明メッセンジャー又はトリガーポイント協会HPお問 い合わせからお願いします。

 

<☆一般社団法人トリガーポイント協会ミッション☆>
「手術」や「薬」に頼らない世界基準の治療価値を共有する